山梨市の死亡事故、危険運転で男に実刑!


2018年8月に山梨市三富下釜口の国道140号で男が睡眠導入剤を服用してトラックを運転し、埼玉県の男性(当時51)のミニバイクと衝突して男性を死亡させた事故で、甲府地方裁判所が12日、自動車運転処罰法違反(危険運転致死)の罪に問われた山梨市三富川浦の建築業、茂手木茂被告(65)に懲役4年の実刑判決。検察側は懲役5年を求刑していた。

スポンサーリンク