笛吹・県立博物館で「若尾逸平」展


笛吹市御坂・山梨県立博物館で22日、シンボル展「生誕200年 若尾逸平」が開幕。2021年は、甲州財閥の代表的人物、若尾逸平の生誕200年を迎える。天秤棒一本の行商人からスタートし、明治時代には初代甲府市長や貴族院多額納税者議員を歴任。東京電燈や東京馬車鉄道といった帝都東京の重要なインフラを担う企業の経営権も買収し、「甲州財閥」の名を日本中に轟かせた。愛用した碁盤、碁石や写真、資料などで、若尾逸平の生涯を紹介。6月28日まで。火曜日休館。

スポンサーリンク