VF甲府、新たに選手1人が感染 2人目


サッカーJリーグ2部(J2)のヴァンフォーレ甲府が2日、トップチーム選手1人が新型コロナウイルスに感染したことが判明したと発表。同チームの感染者は2人目。選手の個人名は非公表。選手は6月24、25、26日はチーム活動に参加。1人目の選手の陽性が判明した26日のPCR検査では陰性を確認。27日~7月2日はチーム活動に不参加で、クラブ判断により自主隔離していた。2日に再度PCR検査を実施して陽性が判明。無症状。自主隔離していたためチーム内に接触者はなしと判断。3日の第20節ファジアーノ岡山戦は、試合前に検査を行い、陰性だった選手・スタッフのみが参加可能に。

スポンサーリンク