関東甲信、前線停滞で大雨、雷に注意へ


前線が停滞する影響で、関東甲信地方は、2日未明から夕方にかけて雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所がある見込み。2日午前6時から3日午前6時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、甲信、関東南部、関東北部で80ミリ。気象庁は土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水に注意・警戒し、落雷、竜巻などの激しい突風、降ひょうに注意を呼びかける。

スポンサーリンク