新型感染バス運転手、山梨に6日間滞在!


日本人で初めて新型コロナウイルスに感染した奈良県在住の男性バス運転手について、山梨県が29日、県内に1月計3回、6日間滞在していたと発表。1月9・10日、12・13日、19・20日の3回で、1、2回目が中国湖北省武漢市、3回目が中国遼寧省大連市のツアー客を乗せて山梨県内をめぐる。ツアー客は9日は県外の宿泊施設に、12、19日は県内の宿泊施設に泊まる。バス運転手は9、12、19日の3回とも県内の宿泊施設に泊まる。山梨県は、県内では濃厚接触者はおらず、2次感染のリスクは極めて低いとして冷静に対応するよう求める。また、風評被害の恐れがあるとして、宿泊施設などは未公表に。

スポンサーリンク