県が飲食店等に時短要請、協力金56万円


山梨県が22日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、県内全域の飲食店などに営業時間短縮を要請すると発表。対象は飲食店(宅配、テークアウトのみは除く)と飲食を提供する遊興施設、ホテル・旅館。25日~2月7日までの14日間に、営業時間を午前5時~午後9時までに短縮するよう求める。14日間連続して要請に応じた事業者には、協力金を交付する。「やまなしグリーン・ゾーン認証制度」や休業要請の解除を受けている場合は、56万円(1日4万円×14日)を支給する。認証を取得していない飲食店は29日までに申請書を提出すれば、また、休業要請の解除を受けていない遊興施設は29日までに解除を受ければ、40万円(1日4万円×10日)の協力金を支給する。

スポンサーリンク