道志で発見の脚と腕の骨、美咲さんと一致


山梨県警が25日、11日に道志村の山中の枯れ沢で新たに見つかった人の左脚と右腕の骨の一部について、DNA型が2019年9月に行方不明になった千葉県成田市の小倉美咲さん(当時7)と一致したと明らかに。

既に、4日に見つかった人の右側の肩甲骨(けんこうこつ)について、DNA型鑑定で美咲さんと特定し、死亡したと判断していた。死因は不明で、引き続き事件、事故の両面で捜査へ。

スポンサーリンク