東京パラ代表、県勢鈴木の内定変更なし!


日本パラ陸上競技連盟(日本パラ陸連)が26日、2019年11月の世界選手権と、ロンドン・マラソン(車いす部門)で東京パラリンピック代表の内定を得た14選手について、内定を取り消さない方針を発表。世界パラ陸連が出場資格と出場枠の割り当てで大幅な変更をしない限り、日本パラリンピック委員会(JPC)に推薦へ。山梨県勢は、男子走り高跳び(義足T64)で鈴木徹(山梨市出身、SMBC日興証券)が内定している。

スポンサーリンク