VF甲府2年連続赤字、佐久間氏が社長に


サッカーJリーグ2部(J2)のヴァンフォーレ甲府の経営委員会が30日、甲府・県防災新館で開催。チームを運営するヴァンフォーレ山梨スポーツクラブが2020年度の決算報告。営業収入は12億2880万円。経常損益2199万円で、2年連続で単年度赤字に。当期純損益も5266万円の赤字に。また、同日の株主総会・役員会で佐久間悟代表取締役ゼネラルマネージャー(GM)(57)が代表取締役社長に就任。

スポンサーリンク